とりあえずやってみた

VAPE/IBS/OTHERS

メンタルヘルス研修を受けて感じたIBSとの付き合い方

f:id:kusabii:20190410210028j:image

 

私は中途採用で4月から企業へ転職しました。

 

転職した企業の研修で、心のケアに関する研修を受けて、これって過敏性腸症候群にも活用出来、誰かの気づきになればなと思ったので書き綴っていきます。

 

 

 

 

はじめに

心の病気の予防には、ストレスと「上手に付き合うこと」が非常に大切です。

 

人は生きてると必ず何かしらのストレスに晒されるんやけど、それを心地良いストレスと感じる人も居れば、非常に不愉快に感じる人も居てるんですよ。

 

それからも分かるように、必ず何かしらのストレスを感じながら、人は日々生活をしてるんだから、ストレスに気づき、コントロールすることが大切。

 

楽になる為には自分なりの工夫を続けて、上手くコントロールし付き合うしかないんですね。その方法を研修で学んだので、ここに書いていきます。

 

※  どうしても駄目な場合は専門家に相談することにしましょう。

 

ストレスに対する反応

"心理的側面"

・ゆううつ

・意識の低下

・イライラ

・緊張

・不安

 

"身体的側面"

・不眠

・食欲不振

・胃痛、吐き気

・倦怠感

・首、肩のこり

・動悸、息切れ

・下痢、便秘

 

"行動的側面"

・作業効率の低下

・アルコール量の増加

・過食、拒食

 

これらの症状は、数日で消えるものですけど、7〜10日以上続いた場合は異常ととらえましょう。

 

ここの項目を見たときに、身体的側面の欄にあった「下痢、便秘」があって、IBSもかなり認知されてきたかなと思いました。

 

ストレスがもたらす体の変化

・警告期

「疲れた」「体調が悪い」「イライラ」「ミスの多発」日常生活に起こる状態で一番多いのがこれですかね。

 

・抵抗期

疲れが興奮に変わります。謂わゆるランナーズハイとかです。それに加え脱力感、仕事をひとりで抱え込み、休まなくなります。

 

※  遅くてもここで休みをとり体調を整えないと、ヤバイです。

 

・疲弊期

疲れたり、鬱などの本当の病気になる時期。

集中力がなくなり、物忘れがひどくなり、おっくうで何もする気にならない。

 

分かりやすく言うと「鬱」であり、正常な判断が出来なくなり、最悪は死にます。

 

※ 休んでも休んでも体調やヤル気が戻らないときは病院へ。自分では正常な判断が出来ないので周りの方が無理矢理にでも連れていきましょ。

 

ストレスに強くなるには?

1、気分転換

趣味があれば趣味に没頭し、仕事脳から趣味脳へ切り替えてリフレッシュする。

 

簡単な話が、仕事を忘れろ

 

2、ひとりで悩まない

人は誰しも悩みます。仕事をしてたらミスもあるだろうし、上司や同僚と反りが合わない人も居てるでしょう。

 

そういった時は、それを話せる人に話しましょ。愚痴や悩みはひとりでは解決出来ないんで、井戸端会議でも良いですから、誰かに話しを聞いてもらいましょ。

 

3、過剰な頼まれごとは断ろう

日本人って我慢して、自分殺して何かをすることを美徳にするしょうもない文化があるんですね。

 

【無理なもんは無理】

 

そらそうでしょ、無理なもんは無理だわ。

けど、それを「No!!」と言わず「この仕事が有りますので」といった、やんわりとした断り方をしましょ。

 

角を立てる必要は誰も得しないですから、話し方を身につける努力をしましょ。

 

 

4、リラックス方法の確立

深呼吸をするとか、自律神経を正すとか、アロマでリラックスするなどの方法がありますので、自分にあった方法を確立しましょ。

 

森林浴をするとかも良いですし、やはり人と話すのもリラックス、リフレッシュするには良いです。

 

人は支え合って生きてます。ひとりでは生きられないと言う金八先生の感じですね。

 

ストレスに打ち勝つ

健康の基本はご飯、休養、リフレッシュ、運動が大切なんですね。

 

1、食事

そもそもの話しですけど、ご飯食べてます?

三食をバランス良く食べると体にも良いですから、出来れば朝食を食べるのも良いです。

 

けど、IBSの人間は食べられる物が少ない、難しい人も居てるでしょうから難しい点ではありますよね。

 

2、休養

寝ろ。

 

寝ることは身体を回復するうえで最も必要であり効果的です。ホリエモンこと堀江貴文さんや有名な企業家の方、スポーツ選手も睡眠を非常に大切にしてますので、寝ろ。

 

3、運動

健全な精神は健康な肉体に宿る。って昔から言いますでしょ。それに筋肉を動かすことにより、筋肉がポンプの役割をし、血液を全身に運びます。

 

特別難しいことをする必要はなく、15分ほどの運動で大丈夫です。

 

「運動なんて最近してないから無理やわ」って人も居てるでしょうけど、それこそポケモンGoやりながら、あの場所へ行こうとか軽く目的地を作ると簡単です。

 

最後

ここまで見て頂きましたが、IBSだけに限らず生きてるだけでもストレスがかかりますので、如何にストレスと上手く付き合うか?発散するのか?が大切ですので、貴方なりのストレス発散を見つけて下さい。