上杉清喬

UESUGI-KIYOTAKA

無職生活の良い点、悪い点、思うこと

f:id:kusabii:20190131230637j:image

 

関連記事は下記を参考にして頂きたい。

31歳、妻子持ち、住宅ローンもあるのに仕事辞める - 上杉清喬

 

さて、無職になってから早一ヶ月が経過した訳ですが、今回は無職になってみて感じたこと、思うことを書いていきたい。

 

 

 

 

再就職先を決めてから辞めよ

私は再就職先を決めずに退職した訳ですが、それには一応理由がありまして

 

1、辞める以外の手段が無かった

2、精神的に追いやられてきた

3、退職金や失業手当を頼った

 

これらが主な理由です。

 

1、2に関して言えば

勤めて居た企業自体が零細企業であり、スタッフの人数がギリギリであり一人でも休んだら店が回らないような状況でありました。

その状況で身動きが取れず、休みたくても休めない状況が続き、結果として精神的に追いやられてきた訳です。(※ 2)

 

自分の中で、していた仕事は好きでしたが会社の方針や考え方が合わなかった、そう思ったのは結構前のことなんですよね。ならばもっと早くに転職を考えるべきだったと思います。そうしたらば、精神的に追いやられることもなかったかと。

 

毎朝起きるのが嫌で、会社に着いてもずっとブツクサ文句ばかり言う日々。自分にも他のスタッフにもこれでは良くないなと思い、結果として退職を選んだ訳です。

かと言って、家庭がある身ですので金のことを無視して辞めることは出来ず、金の工面に走る訳です。

 

3に関して言えば

零細企業ですので退職金が貰えるのか貰えないのか心配でしたが、少し前に退職した上司は貰ってたので、貰えるだろうと考え自分は貰えるのか?社長との駆け引きが始まります。

 

結果として退職金は、自分の中での最低ラインを頂きましたが、当てにしてはいけないなと思います。何故かと言うと「貯金した方が良い」

 

そう、退職金は貯金すべき。と言うのも凄く単純な話で、無職じゃなかったら貰った退職金は全額使い放題な訳ですよ。けど、無職なら退職金で生活をしなければならない。

 

無職になってみて、冷静な頭になってから思うことだけど、その当時は本当に毎日が嫌だったので生活が成り立つように辞める方法ばかりを考えていた。

 

失業手当

失業手当ってさ、貰ってた給料に応じて変わるんだけど、思ってた以上に貰えないからね。

失業手当をアテにして会社を辞めるのは愚の骨頂に近いぐらい愚かだと思う。

 

色んな人から「再就職先を決めてから退職した方が良かったのに」って言われたんだけど、金銭、失業手当の観点から見ると確かにその通りだと思う。

 

皆に言いたい、失業手当はアテにするな。

 

 

 

無職の悪い点

「不安」

一にも二にも不安が付いて回りますね。

 

最低でも半年は無収入でも生活出来るだけのお金は貰ったんで即死は無いですけど、その後はどうするの?どうなるの?って話です。

 

「いや、働けや」って声が聞こえてきそうですけど、確かにそうであり働く気しかないですけど、再就職は決まるのか?その会社は良い会社か?などの心配も生まれます。

 

納得いくまでゆっくり探したら良いじゃないか!って思うでしょうが、退職金を貯金に回すとか欲しい物を買う方が有意義な使い方と考えてしまうんですよ。そうなると、ゆっくりもしとれんな〜って思う。

 

肩身が狭い

「嫌ならさっさと退職しろ!」って背中を押してくれた嫁ですが、辞めたら辞めたで「はよ働け!」って言うてきますし、嫁一人だけが働いてる状況が気に食わんみたいです。

 

風呂掃除、洗濯、食器洗いなどの簡単な家事は行なっておりますし、子供の送迎はやってますが足らないみたいです。

 

働いてた方が会社に拘束されて、お客様が来るのを待つだけで、勤務時間の方が圧倒的に暇でした。暇の種類が違うと言うのかな、時間軸の違いもあると思います。

 

失業手当の手続きやら市役所やハローワークやら、やりたかった事をやったりと、忙しいのは忙しいんですよ。けどね、それらをするのに一ヶ月も必要ないんですよね。

 

それを過ぎるとやる事も無くなってくるし金も減ってくるしで、結構暇になってくる。暇と言うモノの何が暇の要因かと言うと、他者と触れ合わない事。

 

「人は一人では生きていけない」とか言う話って良く聞きますけど、多分正しい。人は誰かと話したり、頼られたりするから生きてる意義を感じられるんだと思う。

それらの無くなった私は、ただただ暇なのです。

 

他人は大切にしなければならない。

 

 

 

無職の良い点

さて、無職の良い点は、圧倒的に良い点は時間に縛られない。

 

「子供が熱出ても、いつでも迎えにいける」

「普段は混んでる場所もスイスイ」

「嫌なことは、しなくて良い」

「自由」

 

書いてみて思ったけど、大して良い点が分からないな。

 

混雑しない

一番の良い点は「混雑しない」ってこと。

ユニバとかのテーマパークもそうだし、道もそうだし、ショッピングモールとかもそう、映画館もそう、普段混雑する場所が全然混まない。

 

過敏性腸症候群と診断された私にとって、これは非常に大きな点である。

慢性下痢をほっといたら自宅でウンコ漏らしたので、試して効果のあった方法を話そうと思う。 - 上杉清喬

 

けど、それだけだ。

 

嫌なことはしなくて良い

上司から嫌な命令が無い。そもそも嫌な命令を出さない様にしてたから、言われること自体少なかったけど、理不尽とかは無職だから無いよね。誰から言われるのさって話。

 

嫌なことは無くなったけど、成長も無くなった。

 

嫌なことって自分の中での嫌なことであり、嫌がらせではないことも含まれる。

嫌なことって自分を成長させる選択肢でもあるから、嫌なことにも苦手なことにも挑戦すべきと思うんですよね。

 

その選択肢が無くなったかな。自分で何かを始めたい人は成長が止まることはないんだろうけど、私はそうじゃないからね。逃げは良くないと考える。

 

自由

自由とは何か分からない。無職でプラプラすることは本当の自由ではないと思う。

 

仕事をし、金を稼ぎ、人を愛し、疲れたら休む。夏休みを取得出来る人、そういった人が本当の自由な人と思う。

 

無職は自由人ではない。

 

終わりに

無職になってみて、人は何故働かないといけないのか?何故働くのかを見つめ直せた一ヶ月かと思う。

 

働くことは自分の存在意義を証明し、自身を成長させる手段でもあるし、社会との触れ合いでもあると思う。人の役に立つことは非常に嬉しく思う。

 

こういった理由からも私は働きたいと思う。