30代の口腔ケアは、気持ち良い歯磨きを目指すべき

f:id:kusabii:20181012093704j:image

 

30代に突入して歯茎問題や歯石または虫歯、果てには口臭など、気にしないといけない事が沢山あるにも関わらず、時間が無いだなんだと理由をつけては、歯医者に行かない人が多いのではないでしょうか。

 

かく言う私もその一人ですが、正直虫歯は無いですし近年痛んだこともありませんが、口臭は若干あるかも知れません。煙草も吸わない、酒も飲まない、ジャンクフードも食べないが、もしかしたら臭ってるのかも知れない。

 

口が臭い、歯茎が痩せる、虫歯になる等のお口トラブルを改善するにはどうするか?って考えたときに、歯医者が最有力だけど面倒なんだよ。だから日々の歯ブラシで改善出来たらな〜って思ってた。

 

で!歯ブラシを新調してみた。新調してみたらこれがなんと、めっちゃ気持ち良い。なんて言うのかな、歯茎と歯の間にブラシが入ってマッサージしてくれてる感じ。ちょい固めで痛いときもあるんやけど、気持ち良いねん。

 

この気持ち良さを皆さんにも知って頂きたいから、どんな歯ブラシを使ってて、口腔ケアに何を使ってるのか?過去に何を使っていたのか書いていきたい。

 

 

 

口臭の原因

口臭の原因ってのは8割がた、口の中なんですね。残り2割は「胃の荒れ、胃の病気」「鼻腔炎など鼻の病気」それ以外は口の中が原因。虫歯であったり、歯槽膿漏であったり、舌が汚かったり、大体が口の中。

 

みんな一生懸命フリスクとかミンティアとか食べて匂い対策してるけど、それは一時的なその場凌ぎであって根本の解決にはなってないから、胃の検査をして胃から来る口臭なのか耳鼻科へ行ったりと、先ずは自分がどのタイプなのか調べて対策しよう。

 

気持ち良い歯ブラシ

f:id:kusabii:20181012093124j:image

 

これを使う前には、Kaoのディープクリーンを使ってたんやけど、これまた気持ち良いんだよ。タップリの毛束で歯茎の表面を優しく揉み解してくれるし、その毛が歯茎と歯の間に入って揉んでくれるしで気持ち良い。

 

今回は使用した歯ブラシは、メーカーは違うし毛の固めも少し固めのこちらを使用してみました。

 

感想としては、「イタ気持ち良い」固めブラシが表面を少し強めに刺激してくれるんたけど、それよりも「歯と歯茎の間に良く入る」良く入ってきて、揉み解されてる感じかな。歯磨きって気持ち良いんやで。

 

歯磨きだけでは不十分

歯ブラシによる歯磨きが気持ち良いと分かったところですが、歯磨きだけでは口臭予防、解決には至りません。その為には「歯磨き粉」が必要になってきます。では、どの歯磨き粉が必要なのか?個人的に良いと思う物を紹介したい。

 

好んで聴いてるラジオ番組があるんですけど、そこでも歯磨き関係の商品を多々取り上げておりまして、中でも「なた豆」ってのは凄いんだぞ!と仰っており度々登場します。

 

本製品は京都産のなたまめをはじめ、京都山城地方の良質な京柿渋エキス、赤穂の天然塩、さらに薬用成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しております。

 

実力が伴っているから、累計165万本販売を達成しております。(2017年11月末時点)そして、2015年モンドセレクション金賞を受賞しておりますので、口臭でお悩みの人は是非ご利用ください。

 

 

 

残念ながら磨き残しは生まれる

歯ブラシを新調して気持ち良く磨いても、磨き残しはあります。これはどうしようもない問題なのかも知れませんが、全てを綺麗に磨ききりたい!!と思ったら電動歯ブラシを買おう。

 

個人的な話なんやけど、歯磨き好きなんですよ。自分に対して、良い感じにハマる歯ブラシで歯を磨いたら気持ち良いねん。だから歯磨きは好きやねんけど、磨き残しが必ず生まれる。どれだけ頑張って丁寧に時間をかけても、磨き残しが必ず生まれる。

 

それを防ぐ為には、電動歯ブラシで磨くしかない。電動歯ブラシだから100%綺麗に磨ききれる訳ではないが、手磨きよりは確実に綺麗になる。だから可能であるなら電動歯ブラシで歯を磨き、歯ブラシで歯茎と歯の間を磨いてマッサージしてもらいたい。

 

一生懸命磨いてもまだ足りぬ

電動歯ブラシで歯を磨いた、歯ブラシで歯茎と歯の間を磨いた、けど歯と歯の間は磨いてない!ってなると虫歯や口臭の原因である歯垢が溜まっちゃうんですよね。だから歯間ブラシをオススメする。

 

f:id:kusabii:20181012160030j:image

 

大体さ、トウモロコシや肉やなんや食べたら歯に詰まりません?私は良く詰まるんですよ。詰まってることに気付かず、歯に食べカスを詰めたまま時間が経ち、気づいたら何か口臭いなと思うときがあってさ、歯間ブラシで取ったら食べカスが出てきたから、それ以来歯間ブラシを使うようになりました。

 

一口に歯間ブラシと言っても、糸ようじもあればゴム製もあるしワイヤー型もある。その中でどれが良いのか、個人的おすすめを書きたい。

 

これは間違いないよ。あくまで、個人的感想としてってことを忘れずに聞いてもらいたいんやけど、シリコン製の歯間ブラシは優しいんやけど、入っていきにくいしキュッキュッする感じが苦手。糸ようじは自分の歯が欠けてて、そこにひっかかって取れなくなったから苦手。だから必然的に上記商品になった。だから私はこれをお勧めする。

 

もう一個忘れてる

忘れがちなんやけど、舌の汚れが口臭の原因にもなってるから気をつけてほしい。「舌苔」って言うて舌に付着する白い苔状のもの。 舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したもののこと。

 

それが臭う場合もあるから、舌を磨くことも忘れずに対処してほしい。それを除去するには、舌ブラシが必要になってくるが、裏を返せばそれさえあれば大丈夫。

 

舌苔はストレスが原因の場合もありますので、磨いても磨いても駄目なときは、ストレスを軽減出来ることをするか、病気を疑って病院に行きましょう。まずは安価な舌ブラシから試してみて下さい。

 

まとめと感想

口臭や歯周病などを気にして、口腔ケアをしようと考えてるけど、歯医者に行くのは面倒だなって考えてるのなら、良い歯ブラシと良い歯磨き粉と歯間ブラシと舌ブラシを買え。それでも駄目なときがあるから、その時は医者にかかりましょう。

 

良い歯ブラシでの歯磨きは、気持ち良いので皆さんも是非。

 

 

 

番外編

臭い玉(膿栓)って言う、くっさい臭いの元が喉元に出来て口臭い場合もある。それを防ぐには毎日のウガイが大切になってくるので、うがいをしてもらいたい。