VAPEスターター【FOG1】を使った感想。by「JUST FOG」

以前から「欲しいな〜欲しいな〜、けど必要ないだろうな〜、けど欲しいな〜」って、ずっと悩んでたんやけどさ、遂に買いました。

 

f:id:kusabii:20180822171300j:image

 

結論から言うとですね、最高ですわ。

VAPEの経験が長い人が何故FOG1も、ずっと使い続けるのか疑問だったんですけど、自ら使ってみて納得しました。

 

FOG1の何が最高なのか、何故最高なのか、順を追ってそれを説明していきたい。

 

 

最高な理由1

【味が良い】

味の出ないもの、不味いものを誰が買うねん!って話で、味が良いのは当然っちゃ当然。

けど従来のポッド型やスターターって味が出ない、さほど美味しくないって言われ続けてきて、FOG1がそれを崩した訳よ。

 

それでJUST  FOGは成長して、後にMINIFITなる味の出る超小型デバイスを発表した訳。

個人の感想なんやけど味の出るスターター、ポッド型を買いたきゃ「JUST  FOG」と思ってる。

www.kusabi-tried.com

 

味が良いのは確かやねんけど、どの程度の味が出るのか?がみんな気になるとこやでな。

今回使用したコイルは0.8Ωの付属コイルで、それと私の使用してるアトマイザーとの比較なんです。

www.kusabi-tried.com

www.kusabi-tried.com

www.kusabi-tried.com

 

 

0.8ΩのMTLなので、DLと比べるのは何ともな部分ではありますが、ギャラクシーに近い味が出てるように思いますね。

味はとても濃く出てますが、ギャラクシーには及ばず、しかしタイプRやケネディーよりは濃く出てるように思います。

 

味の輪郭が明確だ!とか、しっかり濃厚なんだ!って言うよりも、味自体が濃く出てるように思います。

味が濃く出る、濃い味が出る、正直それだけで十分じゃね?と思うし、ハッキリ言うと自分のビルドより美味しいよね。

 

FOG1の実力は「味が良い!」

まずはこれを最高の理由に挙げたい。

 

最高な理由2

【携帯性が抜群】

f:id:kusabii:20180823220030j:image

けどMinifitは、もっと小さくて携帯性だけで言うとMinifitの方が上。「ならミニフィット買えばえーやんけ」ってなる。

 

 

ミニフィットは抜群の携帯性ですが、FOG1の携帯性も侮れません。

作業着や制服だと袖にペンを差す場所あるでしょ?あそこに入るんだよ、それだけでも携帯性が抜群!!

f:id:kusabii:20180823221540j:image

 

携帯性で言うと、FOG1ってタンク式なんですよね。

普段RDAをメインに使ってる私、リキッドを保持するタンク式はサーペントアルトとMinifitの二個しか持っておらず、FOG1が3つ目。

 

そこで思ったことがタンク式は楽。

RDAだとMODを持って、リキッドを持ってと、ごちゃごちゃしますけど、FOG1だとFOG1だけを持てば良いのです!

普段、頻繁にVAPEを吸わない私としては約2mlのタンク保持量で1日を過ごせます。

 

FOG1の実力は「持ち運びが楽」
次にこれを最高の理由に挙げたい。

 

最高な理由3

【必要充分なバッテリー】

MINIFITのバッテリー容量は「370mAh」で、これって良く吸う人にとっては、めっちゃ少ない。

こまめに充電するか、複数個持つかしないと対応出来ないと思います。

 

FOG1に関して言えば「1500mAh」

容量、実に約4倍。

18650と呼ばれるバッテリー容量が大体2000mAhなので、さほど吸わないユーザーなら1日もつ容量と思います。

 

FOG1の実力は「必要充分なバッテリー容量」
次にこれを最高の理由に挙げたい。

 

【まとめ】

「味が濃く出て、携帯性が良く、バッテリーもほどほどにある」

これ以上に必要なものってありますかね?これで充分じゃないですか?

 

購入先

 

商品概要

f:id:kusabii:20180822211832j:image
f:id:kusabii:20180822211829j:image
f:id:kusabii:20180822211826j:image

 

引用元  Justfog

 

開封、内容物

f:id:kusabii:20180822212446j:image

 

左から

外のカバー、説明書、説明書、コイル0.8Ωと0.5Ω、本体、キャップ、換えのシリコンリング

 

組み立て

f:id:kusabii:20180823072358j:image

奥に見える銀色の筒がバッテリーを含む本体

手前左から「エアフローコントロールリング、タンク、キャップ、ドリップチップ」

 

f:id:kusabii:20180823072222j:image

先ずはエアフローコントロールリングを装着、次にコイルを差して回す、今回使用したのは0.8Ωのコイル。

右に見えるリキッドを貯めるタンクを次に差すんやけど注意点がある。

 

f:id:kusabii:20180823074640j:image

本体に切り込みがあって、その溝にタンクの矢印を合わせると丁度ハマる。

 

f:id:kusabii:20180823082551j:image

f:id:kusabii:20180823082629j:image

上手くハマったのならMAXってラインを超えないようにリキッドを注入する。

リキッドを注入する際にも注意点があって真ん中のコイルに注入しないこと。タンクに沿わせるように入れること。

 

※  リキッド注入後10分〜放置しましょう。

コイルにリキッドが染み込まない状態で吸うと焦げ臭い味を味わうことになるし喉がヤラレます。

 

f:id:kusabii:20180823083516j:image

最後にキャップを付けて完成。

このキャップも1つ癖があって、押し込みながら回さないと締まらないので気を付けて。

 

ここまで来たら後は吸うだけ。

なんですが!!充分に充電されてない時があるので、充電しましょう。

充電はUSBケーブルなのでスマートフォンの充電ケーブルで充電できます。

f:id:kusabii:20180823085250j:image

 

充電が完了したら吸いましょう。

 

吸ってみる

ボタンを3回リズミカルに押しますと充電中と同じように光ります。

光ったら電源が入った状態ですので、ボタンを押しながら吸いましょう。

電源を消したいときも3回リズミカルに押すと消えます。

 

これだけ、何も難しくはない。

 

最後に

以上でFOG1のレビューを終わりたい。

正直、今更FOG1?って感じは否めないんだけど欲しい物は欲しいやん。

しかもそれが低価格で購入出来るのならさ、買うやん、買って吸うやん、美味しいやん、広めたいじゃないか!ってことでレビューさせて頂きました。

 

初心者がFOG1使うんでしょ?

FOG1使ってる人は初心者なんでしょ?

そんなことは一切なく、便利で美味しいから使ってる、他の人も多分そう。

 

是非皆様にも一度は使用して頂きたい素晴らしいデバイスでございます。