自宅で写真撮影!撮影ブースを100均で作って撮影したらスマホでもプロっぽく見えた。

f:id:kusabii:20180821221841j:image

 

ブログを書くようになってから写真を沢山撮るようになりました。

読書の皆さまが読んでて分かりやすい様に、写真を沢山撮ってるんですが綺麗に撮れないんですよね。

色んな人のブログを見てたらら沢山写真が載ってるじゃないですか、その写真を見ては「めっちゃ綺麗!」って思う訳ですよ。

 

いやー、みんなどうやって写真撮ってんやろか?って凄く疑問で、ググってみたら参考になる記事が沢山出てきたけど、高い!!

カメラが30万で、照明が数万円で、撮影する場所が数万円で。って高い!!

 

カメラや写真で飯を食っていこう!って考えてる人は、それぐらいのお金を出して機材や環境を揃える必要はあると思うけど、こちとら趣味ですからね、そんなお金は出せない。

 

って訳で色々調べてみたら一応ネットで「撮影スタジオキット2000円で販売してます〜」ってあるんやけど、これぐらいなら100均で作れるんじゃね?って事で今回作ってみました。

 

※  この記事は綺麗な写真を撮りたいけど、お金はかけたくないって人向けです。

 

 

 

 

必要なもの

 

撮影出来る物

白い何か

光源

 

最低限この3つを用意出来れば、それっぽい写真撮影出来ます。(それっぽい写真ってのは記事冒頭のフィギュア写真)

 

撮影出来る物

これに関して言えば、一眼レフやデジカメは無くてもスマホが有れば撮影出来る。

 

白い何か

f:id:kusabii:20180821234428j:image

白い布もしくは画用紙ないし発泡スチロール。(100均)

 

何故白い物が必要なのか何ですけど、白は光を反射しますよね、だからです。

光を反射することにより、撮影対象物に光を満遍なく当てられるとかなんとか、レフ板とか聞いたことないですか?あれです、あれの代用を壁と背景でしようじゃないかって話です。

 

生活感丸出しの場所で撮影するよりも無機質な方がそれっぽく見えるからだと思いますね。

実際畳の上や机の上で撮影すると家庭感や素人感が出て、なんだかな〜って思いましたよ。

 

光源

f:id:kusabii:20180821234504j:image

工事現場にあるような強力な光源でも良いんやけど、ライトが強過ぎると対象物が真っ白になって綺麗に写せないし、なにより金かけたくないやん。

手軽にしたいやんってことで100均のLEDを光源としてます。

 

f:id:kusabii:20180821234518j:image

 

組み立て

f:id:kusabii:20180822002002j:image

発泡スチロールで出来た板(450×300×10mm)2枚をカッターで半分に切り、合計4枚にします。(100均)

 

そして、その発泡スチロールの端に接着テープの付いた磁石を貼り付ける。(100均)

f:id:kusabii:20180822004242j:image

後はそれらを組み立てるだけなんですが、このマグネットテープの粘着力がめっちゃ弱いからアロンアルファなどの接着剤で補強する必要がある。

 

f:id:kusabii:20180821235221j:image
f:id:kusabii:20180821235225j:image
f:id:kusabii:20180821235217j:image

組み立てたらこんな感じ。

 

f:id:kusabii:20180821235257j:image

底に敷いてある画用紙は撮影時、背面側に立てかけて撮影してます。

画用紙を黒や紫、赤などの好きな色の画用紙に変えるだけで雰囲気もガラッと変わりますのでおすすめ。

 

後はこのまま撮影するだけ。

f:id:kusabii:20180822081348j:image

 

撮影が終わったらマグネットテープで引っ付いてるだけなので、それを引き離して平らにして重ねて収納。

なので収納スペースがコンパクトに済みます。

 

 

 

最後に

全て100均で揃いまして、総額1000円もかかりません。

しかし撮影ブースが2000円で購入出来るのなら、キッチリしてて綺麗に組み立てられて色々出来るであろうそれを買っても良いんじゃないか?とも思いますね。

 

けど今回のブース作成は500円あれば揃いますし、作ったブースでそれっぽい写真を撮影出来るから「かなり格安で作ったったんやで!」って言う達成感も感じられるので、自作撮影ブースをオススメします。

 

製品リンク

 

一応既製品のリンクも貼り付けときます。

既製品を見て「私はこれ買うわ」って心が動くかも知れないですもんね。

 

 

 

正直な話、照明の性能や照明の当て方が写真を撮る上で1番重要だと思ってます。(素人考え)

影を出したい出したくない、色々な考えと思惑がある中での撮影は、自らの意思とは違う影や当たり方にイラッとしますので良いのを買うのもありです。