VAPEワイヤー【Ni80 クラプトンワイヤー】を使った感想。by「コイルモンスター」

f:id:kusabii:20180809112220j:image

 

"VAPE用ワイヤーと言えば、コイルモンスター、コイルモンスターと言えば、VAPE用ワイヤー"

ってぐらいコイルモンスターのワイヤーは有名やと思うんですね。

 

そんなコイルモンスターのワイヤーを前回、記事にしたんですけど、そのときは普通の単線のワイヤーでした。

www.kusabi-tried.com


今回は「ニクロムのクラプトン」を紹介したいと思います。

 

 

 

開封

f:id:kusabii:20180809135826p:image

外箱には何か書いてあるんだけど分からない。

「KERNEL」

カーネル?ケンタッキーを作ったオジさんか?

多分中心となる軸のことなんだろうけど、それが28GのNi80を2本使用してるってことなのでしょう。

 

「WRAPPED」

その2本の軸に巻きつけてあるのが、38GのNi80ってことかな?それを一本でグルグル巻いてある。

 

f:id:kusabii:20180809161030j:image

中には上記の作り方で作られた数本のワイヤーが入ってます。

一本あたりの長さが23cmほどです。

 

比較

f:id:kusabii:20180809142210j:image

 

スペースドで巻いてある上のワイヤーは、デーモンキラーのエイリアンワイヤーです。

 


www.kusabi-tried.com

その下のワイヤーが今回紹介してます、コイルモンスターのクラプトンワイヤーですね。

上記の2製品を比較した感想やけど「めちゃくちゃ細くないですか?初めて見て、比較してみて全然違うやん!」って思いました。

 

巻いてみた

f:id:kusabii:20180809142746j:image

一本の長さが約22〜23cmなので、6巻とした場合2つ作れるけど、結構余るから勿体ない贅沢な使い方になると思う。

 

焼きを入れたら、全体的に青みがかった色になりました。

 

肝心の味

ちょっとマジで聞いてもらいたいから、無駄に字を大きくしてみた。

 

「超優しいんですけど」

味に関しては根本的な味ってのは決まってるからカンタルで巻こうがクラプトンで巻こうが大差ないっちゃ大差ないねん。

確かに味は変わる、美味しい方へ寄って行くし実際美味しいんだけど、その美味しさを増してる一番の要因ってのが、ミストの柔らかさ。

 

エイリアンワイヤーにしろ、カンタルの単線にしろ、結構スピッドバックが酷くて、バチバチと油が飛び散るような爆ぜ方をしてたんですね。

それはドリップした一気に結構起こりやすく、ある程度したらそれも落ち着いてくるんですけど、それまでが痛い。

けどね、このクラプトンワイヤーはそれが無い。スピッドバックが全く無い訳ではないねんけど、とても優しい。

 

「ミストが柔らかい」「ミストがシルクの様だ」こう言った文言ね、ツイッターで良く見かけてたんですよ。

「嘘つけ、この野郎、こちとらスピッドバックがバチバチして痛いねん」って思ってたんですよね。

けどね、このワイヤーを使ってみて分かった、あの言葉は真実だ、ミストが本当に柔らかい。

 

例えが適当かは置いといて、例えるなら「水圧を変更できるシャワーヘッド有りますやん、それのシャワーが普通のワイヤー、霧タイプに変えたのが本商品」

 

あれ触ったことあるでしょ?優しいよね。

あれぐらい口の中が優しいミストで満たされます。

 

最後に

嘘つけこの野郎!って思うでしょ?思わない?

吸ったことある人は思わないと思うんですよ、けど吸ったこと無い人は疑っちゃいますよね、そう思っちゃうんですね、私もそうでした。

 

信じてもらいたいけど、信じるか信じないかは貴方次第で、私は柔らかい優しいミストでVAPEを楽しむ、貴方はスピッドバック強めの痛いミストでVAPEを楽しむ、その判断は自由です。

 

価格が数万円もする物じゃないので、「買わないより買った方が良い」と断言したい。