子供の川遊びにクロックスは駄目!アクアシューズが必須

f:id:kusabii:20180521172649j:image

 

5月を迎え段々と暖かくなってきましたが本格的な夏は梅雨明けの7月頃かな?そこまで来たら夏だ!と意気揚々と遊びたくなりますよね。

 

暑くなってくると涼を求めて水遊びや川遊びをしたくなると思うんですけど、気をつけてもらいたいことがある。

 

【水難事故】

私の住む街にも川があり、毎年多くの方がバーベキューやカヌーやキャンプだ!と川を使った遊びを楽しんでくれてますが「溺れる」「流される」なんてのは当たり前で「毎年何人かの方が水難事故で命を落としております」

 

f:id:kusabii:20180521152933j:image

 

命を落とすのは小さな子供だけ?と考える人が多いように思いますがそうではなく「老若男女問わず死ぬ」

私の後輩が高校生のときに亡くなっておりますし、同僚の弟は小学生のときに亡くなっております。

一度足を滑らせてそのまま流されると待ってるのは「死」本当に運が良い人は助かるけど大体は死ぬ。

 

水は本当に怖いんだけどそれを理解してない人が沢山居て、大体が他府県の方が流されるし死ぬ。お酒を飲みながら川遊びして足滑らせて流される。

 

f:id:kusabii:20180521153513j:image

 

泳ぎ慣れていない川で、久しぶりにする川遊び、そのうえ酔った状態、自殺したいとしか思えない。

 

私自身、子供の頃から川で遊んできました。

水深5〜6mあるような川で素潜りして底に沈んだ石をどれだけ持ってこれるか?とか、これまた高さ5〜6mあるような岩から飛び込んだり数十mある橋から飛び込んだりと、なかなか危ないこともしてきましたが川を舐めたことはありません。

 

それでもこれだけの無謀なことをしてたので何回か死にそうになってます。

崖から落ちそうになったり、足が攣ってそのまま流されたり、腰から落ちて麻痺して沈んだりと死にそうになってますが、一人ではなく沢山の友達と遊んでいたからこそ生きてます。

 

f:id:kusabii:20180521161339j:image

 

画像引用元  水難事故対策 | 奈良県警察本部

 

水遊びは一歩間違うと即死なので気を引き締めて遊びましょう。

では本題に移りたいと思います。

 

 

 

 

 

滑らない川遊びの靴

そもそもの話なんですけど、川底にある石や岩が濡れて滑るのではなく、苔で滑ります。

これはどうしようもなくてですね、斜面で作ってある池は蟻地獄のように滑り、上がれません。

たかが苔ですけど、めちゃくちゃ滑ります。

 

この滑りやすい状況プラス川の流れが相まって転びます。で、そのまま流される。

もし仮に流されなかったとしても滑って転んで頭や体のどこかしらを打撲する。

打ち所が悪ければ死ぬし骨折はしますので、そうならない為にも「アクアシューズを履きましょう」

 

 

どの製品がどう良いとか正直分からないんですよね。

マリンスポーツなどで履くようなアクアシューズを購入しようと思えば、数万円以上するのはザラにありますので、ご自身の用途に合わせてご購入下さい。

 

※  ここでは年に1〜2回、川遊びするかしないかの人に向けて紹介したいと思います。

と、その前にアクアシューズを「履くメリット」を軽く紹介したいと思います。

 

アクアシューズを履くメリット

【濡れた岩や石で滑りにくい】

川で流される原因と言うのは「滑って転んで」が起点だと思うんですよ。

その原因と言うのが苔や濡れた岩で滑ることなんですけど、それを防いでくれる、軽減してくれるのがアクアシューズの良いところなんですね。

 

クロックスでもビーチサンダルでも大丈夫だろ?滑らないじゃないか!ってお考えの人も当然居てると思いますが「雨の日のコンビニ」を思い返して欲しい。

コンビニの外はタイル地と思うんですけど、サンダルやクロックスで歩いた時どうでした?めっちゃ滑りませんでしたか?

 

濡れたツルツルのタイルや濡れたコンクリートの上を溝の無いクロックスやビーチサンダルで歩いたら摩擦抵抗が減って滑りませんでしたか?

 

別にコンビニのタイル限定じゃないですよ、雨の日に滑った経験って誰しもがあると思うんですけど、川の苔はもっと滑る。

川の苔って想像以上に滑るんですよ、亀の歩みよりも遅く慎重に岩の上を歩いても滑る。

ですので、その対策としてアクアシューズの着用をオススメしております。

 

 

【熱く熱した砂浜や岩や石が熱くない】

凄く単純な話しで、川や海は屋根ないですよね?日陰になるような場所もあまりないですね。そんな場所にある石や岩、そして砂浜って熱いやん。

 

「やったー!海だー、川だー、遊ぶぞー!」ってなってる人のテンションを火傷で下がる必要もないでしょ。靴履いてたら熱くないんだからアクアシューズ履くと火傷しなくて安心。

 

 

 

【尖った石やガラスで怪我しない】

尖った石や岩もありますし踏んだら穴開いたり、切ったりして痛いやん。

川に流れ着くゴミと言うのは下流へ向かえば向かうほど角が取れて、素足で踏んでも怪我しにくくなってますが踏んだら痛いやん。

 

ゴミ問題で言うたら海なんだけどさ、心無い人達が海にゴミを放置してそれを違う誰かが踏んで怪我をする。

海水浴や川遊びに来る人って、ゴミを踏んで怪我したくて来てる訳じゃないやん。

けど心無い人達のせいでゴミは無くならない訳だしゴミを無くすのは難しいとしてもさ、自分で怪我しない対策は取れるよね、だからアクアシューズ履こう。

 

アクアシューズを履くメリットと言うのはこの3つが大きいように思う。

怪我や火傷はクロックスやサンダルでも対策できるんだけど、川や海には流れがあるので脱げます。

それを防いでくれるのがカカトで固定するアクアシューズです。

 

「滑らない、脱げない、熱くない、怪我しない、すぐ乾く」

これだけのメリットがあるのにアクアシューズ以外を選ぶ理由がありますか?

 

 

 

おすすめアクアシューズ

おすすめ!とか言うてますけど今回紹介するアクアシューズは「年に1〜2回、川遊びするかしないかの人に向けて」なので正直なんでも良いんじゃないの?って思ってます。

一足1万円も出せないよ!って方がほとんどと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでした?そこそこ安かったでしょ?これぐらいの価格帯なら年1〜2回の使用ペースでも出せる範囲ちゃいますか。
この金額で「滑らない、脱げない、熱くない、怪我しない、すぐ乾く」なら満足できると思っております。
 

アクアシューズを履くべき人

そら、できたら海や川へ入る皆さまに履いて頂きたいですが金銭的に勿体ないな〜って考えも生まれると思うんですね。

そうなったらせめて、子供だけでも履かせてあげて欲しいんですよ。

 

滑った場合、足届かないのって子供です。

滑って転んだ時に手をつけないのって子供です。

熱いよー!!って泣くのも子供。

熱さに皮膚が負けるのも子供。

 

できたら子供の為に履かせてあげて欲しい。

子供の為にお願いします。

 

まとめ

怪我、滑り、火傷、忘れてたけど海なら毒、そういった物から足を守ってくれるのがアクアシューズやマリンシューズの良いところであって、川や海で遊ぶときはアクアシューズ、マリンシューズの着用を推奨する。

 

あとがき

夏になったら子供達がお泊まり保育やスイミングスクールなどのイベントで「一泊二日キャンプ」といった行事に参加する人が増えます。

ですので「8月に購入すればいっか〜」ってのはとても遅い。

 

いざ購入しようと思っても良いデザイン、安い価格帯の物は売り切れてることが多いので、今の時期、6月頃が買い時と思いますのでご一考下さい。