VAPEワイヤー【コイルモンスター】を使った感想 by「COILMONSTA」

 

f:id:kusabii:20180119152416j:image

このワイヤー良いよ!って話をVAPE界隈で頻繁に見聞きしてたんですよ。それを見聞きした時の正直な感想なんですけど「ワイヤー変えたから言うてどう影響すんねん」と思ってまして今まで購入してなかったんですが、手持ちのワイヤーがそろそろ無くなるのと、このワイヤーの何がそんな良いのか知りたかったので実際に購入して試してみました。

 

購入した商品は「カンタル24G、30ft」になります。

購入先はFlavor-Kitchen様です。

開けてみた

 f:id:kusabii:20180119185136j:image

何を言いたいか分かる?そうなの、こう言う状態になったらね、凄くガッカリする。

左からめくったのに開かないってパターンなんですよ。結局右からも、めくらなアカンくなるねん。

右からも、めくったら良いやんか!って怒られそうやけど、一回で済ませたいやん。

穴の位置をもう少し上にしといてくれたら一回で済むのになーって思いながら、右からもめくった。

 

内容物

f:id:kusabii:20180119181705j:image

ワイヤー本体とステッカーになります。

以上です。

 

はい、見出し通り次は裏を見ていきたいと思います。

裏でーす。

f:id:kusabii:20180119182631j:image

これといった特徴はございません、裏です。

強いて言うのであれば

f:id:kusabii:20180119182837j:image

この30ftシールの下にも透明のシールがありますでしょ、「何で?なんで1枚にまとめなかったの?」と思いましたが、粘着力の関係でしょうね、下のテープはしっかりとしておりました。

 

ワイヤー本体

f:id:kusabii:20180119184452j:image

凄く綺麗に巻かれております。

キチッと整列したさまは大変美しく、美しいワイヤーの名に恥じない、美しい並びをしております。

色味に関しましても大変綺麗でして、この側面を見たときに「ワーオ」と思いましたね。

 

ワイヤーの太さ比較 

f:id:kusabii:20180119184501j:imagef:id:kusabii:20180119184523j:image

太い方がコイルモンスターで「24G」になります。細い方が「26Gか28G」になります。(忘れました) 

 

見て分かる通り太さが全く違います。ワイヤーの太さが違うと、どのような影響があるのか?についてですが「巻く時、めっちゃ硬いです」

それと抵抗値も変わります。

 

ワイヤーのG(ゲージ)数が大きな数になればなるほど、細いワイヤーになっていきます。そして細くなると軟かくなります。金属だから正確には硬いんですけど容易に曲げれるって事です。

普段から精密ドライバーでコイルを巻いてるんですけど、今回のこの24Gは苦労しました。

硬かったので巻きにくかったです。

 

巻いてみた

そして実際に巻いてみたのがこちらになります。

f:id:kusabii:20180119193038j:image

f:id:kusabii:20180119193159j:image

良い言い方をすれば、しっかりしてて型崩れしにくい。悪い言い方をすれば、硬くて巻きにくいになります。

これね、やっぱり硬い!だから24Gなどの、ちょい太いワイヤーは「コイルジグ」あった方が良いです。

 

組んでみた

f:id:kusabii:20180119193629j:image

f:id:kusabii:20180120120124j:image

 

焼き入れ後の話で申し訳ない。

焼き入れ後は青みがかかったワイヤーになります。上手な写真を撮れず申し訳ない。

f:id:kusabii:20180119194205j:image

注目すべきな点なのですが、エッジタイプRの構造上の問題ですかね留め具が斜めになります。

細いワイヤーだとキチッと挟み込めず、太いと斜めになる。これは如何なものか?と思いながらも24Gだとカチッと挟めるので良いです。

 

組んでみた抵抗値

【マッドドッグ デュアル】
26G    6巻    0.46Ω(26Gか28G)

24G    6巻    0.28Ω

【エッジタイプR】
24G    7巻    0.68Ω

 

疑問と吸った感想 

G数が太くなれば電流が流れやすくなるので抵抗値は下がります。そこで生まれる個人的な疑問なんですが、「抵抗値が下がればワット数が少なくても通電早いと思いませんか?」けど実際は少ないワット数だと立ち上がり遅いんですよ。

水中で歩くより陸上で歩いた方が抵抗無いから速く歩けると思うんやけど、ことバッテリーになると変わるのかな?そもそもこんな事を疑問に思うのは私だけですかね?

 

このデュアルセッティングだと、「50W辺りが3.7V近辺」になります。 (計算上安全とされるV数)(バッテリーによる)

50Wも使ってやっと良い塩梅になるんですけど、正直怖いですし味も飛ぶしスピットバックも多いから、次回組むのなら0.6Ω辺りが良いかな。

 

煙の出方なのですが、コットンワークの影響でしょうか?ワイヤーのお陰でしょうか?それは分かりませんけどめっちゃ良い。扇子状に飛ぶと言えば良いのかな?良い感じやけど味は大味。

 

一日使用した後のコイルの汚れ

このコイルモンスターは綺麗なんですよ、そして汚れにくいと言う話を聞いてましたので、コットンクラッシャー、ガンク製造機である「マンゴーリキッド」VAPEリキッド【HORNY MANGO】を吸った感想。by「Horny Flava」 - とりあえずやってみたを一日吸ってみたらどうなるのか?をここで紹介したいと思います。

 

f:id:kusabii:20180119213719j:image

ちなみにこちらが26Gだか28Gだかのワイヤーで1日吸ったコットンとワイヤーになります。

f:id:kusabii:20180119222859j:image

そしてこちらがコイルモンスターの24Gで吸ったコットンとワイヤーになります。

「全然違う!」

心なしかコットンの汚れも違うんやけど、洗浄効果でもあるんか?そしてワイヤーに汚れがついてない。もう少し使用してみて、どのような変化がでるのか観察してみる。

 

まとめ

綺麗で信用できるワイヤー

綺麗と言うことはもしかしたら「長持ちなんじゃないの?」ってことですね。

どのワイヤーを買えば良いか迷ってる方は「種類が沢山あり、綺麗で長持ち、長さも30ftや100ftあり、激細のもある」コイルモンスターをおすすめします。

 

 

購入先

【商品リンク】

 

【価格】  1200円

長持ちすることを考えると安いのではないでしょうか。

 

関連記事

www.kusabi-tried.com