煙草吸ってるんやけど過敏性腸症候群や下痢に何か影響あるの?

煙草って美味いですよね。煙草を吸わない方が体に良い事は分かっちゃいるけど、止めれないのが煙草。

 

喫煙が体に及ぼす害、過敏性腸症候群または下痢に対して与える影響を考えた事はありますか?

長引く下痢、過敏性腸症候群のきっかけが実は喫煙にあるとしたら?

 

喫煙は過敏性腸症候群に対してどんな関係があるのか?

今回はそんなお話。

 

 

禁煙しようと思ったキッカケ

私は2017.1/20~禁煙中であります。

www.kusabi-tried.com


喫煙と下痢する事に何か関係があるのかな?
もしかしたら煙草吸ってるから下痢してるんちゃうやろか?

そう思ったのには訳がありまして、わたくし高校生の時から喫煙を始めまして、高校生の時から下痢が慢性化しております。

喫煙と下痢、なにか関係があると思いませんか?

私は煙草のせいじゃないか!?と思い、禁煙に挑戦してみました。

 

喫煙が原因で体に及ぼす影響、デメリットを説明する。

【血流が悪くなる事で起こる冷え】

単純にこれが原因やと思います。

 

タバコの成分の中でも主に悪さをするのは「ニコチン」

ニコチンの主な作用は毛細血管の収縮作用。

体内に張り巡らてる毛細血管というのは体の隅々まで血液を送るためのパイプで、これが収縮するということは容積が小さくなってしまった分だけ送られる血液も減ってしまう。

 

喫煙の常習化で血行不良が頻発すれば、それだけ栄養や水分も十分に送られなくなり、冷えやすくなるし浮腫やすくなり、新陳代謝の低下などを招く。その結果として、冷える。
末端にある筈の毛細血管が正常に働かないので当然である。

 

体が冷えると、どういった影響を及ぼすのか?「お腹痛くなる」

私の場合はお腹が冷えるとお腹を下します。

大体の人がお腹冷やすと下痢しますよね?

だからですかね?夏に暑いからTシャツで過ごしてたらお腹痛くなるの。シャツの裾から風が入ってきて腹を冷やすのでしょうね。

 

書いてて疑問に思った事がひとつある。

「毛細血管への血流が悪くなる」=「内蔵冷える」

これってどないなん?末端は冷えても内蔵は冷えないんじゃないの?って思った。

上記のように思ったんやけど、問題はそこじゃなくてより多くの綺麗な血液を循環させる事が内蔵も温める事に繋がるんだと思う。

 

筋トレする事で血液を循環させる事ができますので併せてご覧下さい。

足が浮腫んで仕方ないあなたへ。実はそれ、筋トレで解消できますよ - とりあえずやってみた

 

内臓も大事だけど末端も大事にしてね。とは言いつつも内蔵の方が大事なので冷やさないようにしてくださいね。

それをお手軽にできて、お腹の冷えから守る事ができるアイテムがこちら。

 


【冷え自体が大敵】

喫煙による血流の悪化に伴う冷えの影響ですが、体は体温が1℃下がれば免疫力も落ちますので体温調整は必須です。

 

この事実を知ってましたか?私は調べるまで知りませんでした。

煙草の影響だけに限らず、体を冷やす事はやめよう。普段からの冷え対策も忘れずに。

 

【ニコチンによる精神バランスへの悪影響】


これも結構な影響力があると思います。
「過敏性腸症候群は精神病の一種」だと思ってます。

ストレス等の影響でお腹が痛く、下痢になるからね。(プレッシャー、人混み、渋滞、叱責等ね)


ニコチンは脳をおかしくしちゃう成分が入ってるから、それで交感神経や副交感神経等のバランスが狂い、その結果下痢になる、なりやすくなる。

 

確かに喫煙したら「リラックス効果はある」

けどその後、ニコチンが切れてきた時に凄くイライラしません?

リラックス効果があると信じ、それを体験してきたつもりではあるけど実際は余計にストレスに感じてませんか?

煙草が吸いたいけど吸えない、自らイライラの種を増やしてるのであるなら止めたら良い。

 

過敏性腸症候群においてリラックスする事は非常に大事であり、人生においても肩の力を抜くひと時と言うのは有意義であるが、別に喫煙じゃなくてと良いよね。

煙草を吸う事によるリラックス効果は私も元喫煙者として理解してるつもりではあるが、吸えない時のイラつきの方が非常に強いのでより一層ストレスになる。

だから私は煙草をやめました。

 

 

禁煙したら過敏性腸症候群はマシになったの?


「煙草が悪いんだ!ニコチンが悪いんだ!」と言いつつも、これに対して正確な答え出した人居てないと思う。

だって過敏性腸症候群やけど喫煙してる人は沢山居てるし、自分みたいに禁煙したからといって禁煙と同時に過敏性腸症候群治った訳じゃない。


過敏性腸症候群の改善に向けて効果、影響のある事をやっていこう、やってみようの一環に禁煙があっただけ。
それだけだと禁煙なんてやらない!って人が大半でしょう。そんな人の為に禁煙したらメリットだらけだと言う事を伝えたい。

 

【禁煙のメリット】

まず第一に感じたのは血流が良くなった。
先程言ったように煙草を吸うとニコチンが末端の血管を収縮し流れを悪くする影響から血流不足になり体を冷やすのだけど、煙草をヤメたらそれが無くなり冷えにくくなる。

足元ポカポカを実感するし、男性なら下半身の違いで分かる筈。

 


【お金が浮く】

一箱460円×365日=167900円
そこに買いに行くガソリン代とライター代、そして時間。

これらを考えた時、金額以上の価値が生まれる事に気付いた。

これだけのお金があれば家族で旅行に行けますし、1年間頑張った自分へのご褒美として結構良い物を購入できます。

 

仮にキリよく500円として貯金し、ボーナス支給の時にも足すと年間20万円程浮きますので、より良い買い物ができます。

そのお金で購入したものなら家族も文句を言わないのでは?

 


【体に現れるメリット】

体臭が臭くない、口が臭くない、指が臭くない、煙草のヤニ臭さが無くなる。

煙草を吸う事によって体から滲み出るヤニ臭さ、良く分からない煙草による臭さがなくなった。

 

皆さんが自覚してるのか分かりませんが喫煙者は全員臭い。煙草の匂いを身体中に纏ってますし、煙草と反応して加齢臭や元々の体臭が混ざってより一層臭い。

煙草の匂いというのは思ってる以上に臭いんですからね!

 

禁煙するとそれが無くなる、若しくは軽減されますしたので禁煙して良かったと感じてます。

「パパくさーい」って言われたくないですし、妻や職場の方から言われたくありません。

◯◯さん煙草臭いし、加齢臭もキツイし口臭も最悪!とか陰口言われたくないですよね?

止めたら最低でとひとつ「煙草臭い」は免れますよ。

 


【喫煙所を探す必要がない】

煙草吸いたくても適当に吸えなくなった昨今、喫煙所を探すのが面倒ですよね。

けど禁煙して煙草を吸わなくなった今、全く探してません。

吸う必要ないんやから当たり前やん!とか言わんとってよ、ホンマその通りやから。

 

煙草吸いたい→吸える場所探す→探す事に時間かかる→時間無くなって急いで吸う。

 

この行為を必要としてないから喫煙者より目的地への移動は早くなりますし、喫煙所が見つからないストレスが無くなった。

IBSと言うのは如何にストレスを減らせるのかも重要になってきますので、影響があると思います。

 


【喫煙時間がいらない】

煙草を取り出して、火をつけて、吸って消す。
5分~10分の時間が必要ない。

人生において考えるとたかだか5分10分かと思うのでしょうが、一日に換算してみると「20本/日=200分=3.3時間」

年間で計算すると「1204.5時間=50日」を喫煙の為に割いてます。

 

それが一切不要!!浮いた時間は違うことに回せます。

家族とお話する時間に充てたり読書するなり、長風呂するなりできます。

長風呂する事は自律神経のリセットに有効ですのでオススメ。

 

【依存がない】

「煙草に縛られない、イライラしない」
ニコチン依存による喫煙を促進させる作用と煙草を吸う時間と場所を探す必要が無くなったので煙草に縛られない。

 

煙草を吸ってるつもりだった喫煙が実は「煙草を吸わされてる」だったのが禁煙してからゼロ。自らの意思で煙草を吸う必要が無くなった。

俺の勝ち

 


【頭痛が無くなった】

血管の収縮、一酸化炭素による頭痛もしくはその両方の影響、これが無くなったのは非常にありがたい。

煙草を吸うことにより、ひと息ついてたつもりが頭痛を引き起こし、要らないストレスの種となっていたそれが無くなった事が嬉しい。

 

駆け足でザックリ言うてもこれだけのメリットがある禁煙ですが下痢は改善されてません。

その反面「喫煙できないイライラ」「喫煙場所を探す煩わしさ」「時間の上手い使い方」など上記で示したメリットの方が強いく、結果として「禁煙して良かった」と思ってます。

 

ストレスの軽減は禁煙によってもたらされ、結果として過敏性腸症候群に伴う不安などの心理的軽減は達成したように思う。

 

過敏性腸症候群は精神的な要素が大部分を占めている病気と思ってますので、今現在喫煙しててIBSになってるのなら、禁煙する選択肢しかないように思うんやけどどうですか?

正直禁煙して、良かった事しか無い。

 

最後に

煙草が喫煙が体に及ぼす影響は過敏性腸症候群だけに限らず大きいと思いますけど、いざ禁煙!!ってなると難しいのが現状ですよね。

 

そこで私はVAPEでの禁煙をお勧めしたい。

実際に自分が禁煙できたのは「VAPE」のお陰と思ってますので、皆さんの禁煙のお力添えになればと思い、今回紹介させて頂きます。

 

 

 

関連記事

www.kusabi-tried.com

www.kusabi-tried.com

www.kusabi-tried.com

www.kusabi-tried.com