とりあえずやってみた

書きたい事を書く事にする

世界が平和にならない理由についてダラダラと根深く話していこうと思う

昔にね、なんで世界が平和にならないのか?とひたすら考えた夜がありました。

 

病んでいた。とかではなく、只々漠然とした理由で考えていた25歳ぐらいの夜。

 

その答えは誰も教えてくれなかったので、自分で無理矢理結論付けしました事をここに書こうかと思います。

 

ただしその当時とは年齢が違いますので、価値観や考え方も当然違いますのでそこはしゃーない。

 

 

 

 

当時の考え

 

殴られる

殴り返す

負ける

仕返しする

やり返す

殺す

殺された人の仲間が仕返しする

殺された

殺された人の仲間が仕返しする

 

無限ループ 

f:id:kusabii:20171115122014j:image

 

 

 

 

 

 

世界平和が訪れない理由

 

夜更けにふと「何で世界は平和にならないのだろうか?」と真剣に考えた事があります。

 

その理由や話題を当時(今も)私の周りで語る人はおらず、テレビでもラジオでも話しておりません。

 

テレビでは池上彰、ラジオでは近藤光史が熱弁を奮っておりますがそれは「昔こんな事がありました!日本が正しいのだ!」といった主張でして、平和になるかどうかの話とはまた違うのですね。

 

まー理不尽な相手方の主張ではありますので、「それが火種やないか!」と言う意見も良く分かります、はい。

 

でね、キッカケってさ「小さい事が始まり」

 

「◯◯君が先に殴ってきた」

こんな事が始まり。

 

この時に「泣く」「腹立つ」「殴り返す」「先生に言う」等、どの選択肢を選ぶかによって今後は変わる。

 

私の小さい時は「泣く」「泣きながらキレる」「殴り返す」「周りを巻き込み暴れる」でした。

 

けどこのやり方ってさ、小さな火種を大きな火種に変える方法ですよね。

 

 

そりゃ誰かって殴られたら腹立つやん。

だから私は殴られて腹が立ったからやり返した。

そしたら殴られた側も再度手を出す。

結果喧嘩になる。

そしたら周りも巻き込まれ「物が当たった」「危険な目にあった」「迷惑を被った」等の怒りや不満を抱える。

 

そしたらそれが更に大きな火種になり、大火になり業火になり結果戦争になる。

 

あーなるほど、だから戦争がなくならないのね。

 

殴られた側の味方は殴られた側を守る為に手を出す。

先に殴った側が殴り返された事に対して、先に殴った側ん守ろうとする奴が現れる。

 

ほんで大火になり業火になり結果戦争。

(上と同じ)

 

 

キッカケは小さなイザコザやったのが「誰かを守る為」と言う大義名分を勝手に作り上げ、掲げてそれを当然とする。

正義を間違ってる奴が非常に多い。

 

殴られて殴り返して良いのは殴られた人だけ

 

「友達が家族が殴られた!!」と言って殴り返すから話がややこしくなるのだよ。

(とは言いつつも私も家族が殴られてたら殺すやろうけどね。)

 

止める側ってね、殴られてる場面を見たからといって激昂し殴り返すんじゃなくてさ、一旦話聞こうとして。

 

それが出来たらまた変わるやん。

 

 

これに関して最近Twitterでも似た事がありました。

 

キッカケ

クラウドファンディングで出産費用を募ったアイス配った大学生に意見したら外野が構ってチャンしてきた - とりあえずやってみた

 

小幡和樹さんがいつまでも私を誹謗中傷してくる - とりあえずやってみた

 

これに関して言うと、小幡和樹に文句言うて良いのは私だけ。

なのに服部慎也?が私に対して煽るように言ってきたので「お前も字読まれへんのか?」って言うたらキレた。

 

なんだかなー、可哀想な奴。

こんな人達が戦争を起こすのだよ。

 

火種を大きくしようと、火種の無いところに火種をつけようと一生懸命煽る。

口で煽って、うちわで煽って、扇風機で煽ってさ火がつかなきゃ、キレてさ、ホント可哀想。

 

煽って良いのは秋刀魚とか焼肉とかする時だけにしてもらいたいもんやわ。

 

煽りたいだけの人ってホント可哀想。

 

この小幡和樹に関する以前に私は、八木じんぺいに関して意見を言い、外野が構ってちゃんしてきました。

それも非常にキモかったですけどね。

白ヤギさんたら読まずに食べた。 - とりあえずやってみた

 

とまー、このように戦争は絶対になくなりません。

戦争を失くしたければ武力を放棄する必要がありますし、喧嘩してる時点で「まーまーまー」と宥める事ができる人である必要があります。

そんな人ばかりじゃないので世界は平和になりません。

 

そもそもの話が、意見も違う、価値観も違う、色んな人が住んでる世界が地球でありますし世界です。

 

それをどうにかしようと思うのがちょっとなーと言うのが感想です。

 

 

触らぬ神に祟り無し

逃げるが勝ちです

 

 

それでもまだ構ってきたり、最初から理不尽であったりしたら私は戦おうと思います。

 

 

 

 

拳で!!

f:id:kusabii:20171115120736j:image