とりあえずやってみた

書きたい事を書く事にする

精神力を鍛えるイメージトレーニング

精神論って正直嫌い。

嫌いなんやけど精神論を語らなければならない程ツライ時ってあると思うんですね。


それはつまり自分の中で「心が折れそうな時」なんですけど、皆さんも一度は心が折れそうな時があったのでは無いでしょうか。

折れそうを超えて実際に「折れた人」も居てると思うんですね。


そんな時に皆さんはどういった立ち直り方をしてるのか?気になったので私の「折れそう」「折れた」時の直し方、イメージトレーニングの仕方を話します。




心が折れるとは?


人それぞれ感じ方が違うので何とも言えませんけど、自分の中で我慢し難い事が立て続けに起こると折れやすいよね。



最近の私は仕事で「全く信用されてない、必要とされてない」と感じた時に折れそうになりましたね。

仕事に関してなので嫌なら辞めたらえーやん。って話ですけどね。


上記仕事のあった日、家に帰ってさ精神的に疲れてるからオラフみたいに「優しく抱きしめて」って言うたら「ドン引き」されて、何もしてくれなかった。

その時に正直心折れましたよね、はい。






折れた時の対処法


「お酒飲んだら良いやん」
「運動で発散だ」
「カラオケだ


とまー、ヒビ程度の軽い人ならそれで良いと思うんですけど「ポッキリ」折れた時ってどうしようもないんです。


「おー、よしよし大丈夫か?」言うてギューって抱きしめてくれる人がおれば良いですけどね。


そうやって弱い自分を見せるのも男性は苦手でしょ?
男性に限らず自己表現の苦手な人も居てるでしょ。
そもそもそんな風にしてくれる人が居ないとか話し相手が居ない人も居てると思います。


心が折れたら、正直どうしようもないです。
恋愛でも良く言うじゃないですか「時が解決してくれる」

あれって無神経のように感じますけど、正しいと思うんですね。
だってつける薬がないし、結局は自分で解決するしかない


そうなんです、自己解決しか術はないのです。





心を鍛える方法


自己解決しか術はない、そこで私が実践する方法を話したいと思います。


皆さんは「銀」をご存知でしょうか?
シルバーアクセサリーと呼ばれるあの銀です。


私は昔、趣味でシルバーアクセサリーを作ってたんですけど銀の作り方って「溶かす」「叩く」「温める」と分かれます。(細かく言えばまだまだある)


銀は熱を加えると柔らかくなり、叩くと硬くなる性質があります。
それを心の中でイメージするのです。


どう言う事かと言いますと「心の中に銀の棒」をイメージします。

それを心に見立てて自らの中心に立たせます。
それが外部からの攻撃によりヒビが入る、または折れそうになる、折れる。


折れたのならドロドロに溶かして、型(自分)に流し込んで再度形を作り、そして叩いて叩いて鍛え上げる。


叩くと硬くなる性質(金属硬化)なので叩いて鍛える。
硬くなりすぎたのならば熱を入れて少し柔らかくしたのち、再度叩いて形を変える。(伸ばしたり)



イメージとしてはこんな感じです。


銀って「もう駄目だ!」ってなっても何度でもやり直せるんです。



折れたら溶かして再度挑戦。鍛えたら鍛えただけ強くなる




私の心の鍛え方なんてこんなもんです。