とりあえずやってみた

書きたい事、言いたい事を綴る「雑記」禁煙補助具としての電子タバコ「VAPE」緊張すると下痢になる「IBS」に関するお話を書いてます。

現金主義者がカード信者になった話




皆さんはお金大好きですよね?
例に漏れず私も大好きです。

なんと言ってもお金があれば、欲しい物はいつでも買えるし、食うに困らない。

人生においてとりあえず優位には立てますよね。

けど皆さんが欲しいのは、大量の札束でしょうか?
大量の硬貨でしょうか?

違いますよねー、大量の札束、大量の硬貨なんて正直邪魔ですよね、そんなにも持ち運びできませんよね。
と言う事はつまり、いつでも気兼ねなく支払いのできる状態が理想と言う事です。



それを叶えてくれる夢のような商品があります!
その商品がこちら!クレジットカード



※ 画像をクリックして頂けますとサイトに飛びます


クレジットカードってね、まさに理想の支払い形態やと思うんです。

最初に言ったように、誰しも大量の紙幣、硬貨を持ち歩きたいとは思ってないのです

その代わりになるのがクレジットカードなのです。


クレジットカードって上限はあるけど、かなりの額を使う事が可能。

カードの種類によるけど、100万円まで使えるのはザラにある。

人によっては上限って何?美味しいの?的なレベルのカードもございます。


しかしクレジットカードは魔法のカードで、使い過ぎが怖いな〜って人も居てると思いますが、金額の上限設定ができるので無理のない範囲で使えるのも魅力。

良いですよね〜!!まだ持ってないけどな


やはりまだ抵抗があるのも事実。と言うのも親がスキミング被害にあった経緯がございまして、それで裁判がどうのこうの言うてめんどくさい事になってました。

それ故にクレジットカードは、ちょっと持たれへんわ。。。って思いながら数十年を過ごしてきました。


そこにある転機が訪れました。
そのキッカケになったのが、DOCOMOからauに携帯会社の乗り換えをした事。

そうなんですよ、15年間家族ぐるみでドコモユーザーだったのですが、別にメリットのない会社に高い金を払う必要は無い!と、思い切って乗り換えました。

その時に特典?何か忘れましたけど、10000ポイントをくれたんです。で、その受け渡し方法がauwalletでしかアカン!って言うから、言われるがままに契約したんです。



これがauwalletです。
プリペイド機能しかないオレンジとクレジットカード機能も付いたシルバーの2種類があります。

私は現金主義者だったのでプリペイド機能のみのオレンジに10000ポイントを付与してもらいました。



結果、これが最高なんです!
クレジットカード利用者はこの気持ちを理解してくれますよね?
私と同じくクレジットカードに抵抗のある人もしくは絶対現金主義者に対してオススメしたい。

※ 前振りメチャメチャ長くなってしもたな。

メリット

【ここが便利だよ、カード決済】

①代金引換手数料がゼロ円

当たり前と言えば、当たり前なんです。
しかしそれはカード主義者の当たり前であって、現金主義者からしたら目から鱗でした。


支払い方法を代金引換にした場合、運送屋からしたら「お金の管理をする手間、入金の手間、お釣りの手間、お金の受け渡しによる時間の無駄」等が発生するんですね。


それによる手間賃が代金引換手数料に当たると思いますが、カード決済にしたら何とゼロ円

そう、その場での金額の受け渡しが一切されないのでゼロ円、いやー嬉しい。

今思い返したらスゲー勿体無い事してたんやなって思うよ。

だって皆が一万円出せばお釣りの出る9980円で買ってるのに対して、自分は代金引換手数料を含めると余裕の一万円オーバーで毎回購入してたんですよ。


人によっては「たかが500円で細かいな」って人も居てると思うんですけど、みんながAmazonや楽天などのネット通販を利用するのって「豊富な在庫」「すぐ届く」「安い」からですよね?

ってなると複数回買うでしょ?
たかが500円でも10回買えば5000円の損失ですよ。

それでもたかがって言える人はどうぞ人よりも手数料分多く払って代金引換をご利用下さい。



②お釣りが出ない

これもカード決済ならではの利点。
スーパーやコンビニのレジでも良く見かけませんか?

えーと1円、1円っと。。。10円10円。。。言うて財布の小銭入れを一生懸命探してる人。
後ろに渋滞の列を作りながらもひたすら小銭探してる人。

居てますよね?
自覚がないだけであなたかも知れませんよ


こういったお金の受け渡しによるストレス、時間の無駄が完全に解消されます。


実際に私がスーパーで初めて試した時は、
店員さんにカード渡して袋に商品を詰められて終わり。
本当にこれだけで良いのか?帰っても良いのか店員さんに聞いたからね。

分かります?
お金の受け渡しがないだけで超スピーディーなんです。



③財布が必要無い

財布って何の為に存在するんですかね?

お札、小銭、カード等を入れとく物が財布だと思うんですね。
けどカード決済が主体になると現金の存在が無くなってくるのです。

つまり財布が必要ない


財布ってどんなに薄い財布を選択してもかさばるんですよ。
昔は長い財布を使ってたら金持ちになるとか言われて長財布を使用してたんですけど、正直邪魔。



ちょっと聞いてな
「お前の財布の中には何円入ってんの?」
普通に生きてて毎日10万円とか財布の中に入ってる必要性ある?


財布って「財を包む、布」なんだけど、ポイントカードとかレシートでパンパンになってない?
その為に財布って存在してないんやけど、そんな使い方してる人が多い。
あっ、お前もその仲間か、可哀想やな。


財布にはカード1枚、免許証、キャッシュカード、現金10000円があれば生きていけるよね?

それやのに長財布持つメリットって何?
落とす、すられる、邪魔、型崩れ、色移りする、何処にメリットを見出せば良いの?

財布ってブランド物であれば10万円以上したりしますやん。そんな使い方しかできないのに財布に何万円も出すのは無駄。



以上3つが私の思う現金主義者からカード信者に変わった最大のメリットであります。
しかし物事には表があれば裏もあると言いまして、メリットがあればデメリットもあるのです、次はデメリットについて。



デメリット

【正直面倒だな(プリペイドカード)】
自分の使っているカードはau walletのプリペイド方式なんです。

このカードはカード内にある残金分しか使えない事がメリットでもあり、デメリットでもあります。

と言うのも上限があるから使い過ぎない利点と、上限があるから無くなったら補充しなければならない手間があるのです。

それを苦に思わない人にはプリペイド方式も有りだと思います。



【対応してない場所が多い(プリペイドカード)】

この前、ガソリンスタンドで当たり前の様にauwalletのプリペイドカード出したら「対応しておりません」って言われた。

居酒屋とかでも対応してなかった。

じゃー何処で対応してんの?って話やけど、チェーン店や大型店では対応してました。

後から調べて知った事ですけど小型店、個人経営等は機械の導入費用、維持費等で非対応な店舗が多いそうです。

お前、マスターカードじゃねーのかよ!!って思いっきり思ったけどな。ま〜非対応なんやったらしゃーないわな



【ローンが組めない(プリペイドカード)】

パソコンが欲しくて仕方なかったんですけど、現金がありません。

しかし欲しいのです!ってなった時に、プリペイドカードを手に入れたからカードで分割払いにしたら良いやんか♪って閃いたんですね。非対応でした

その反面クレジットカードなら分割払いであるローンが組める!!(これ大事)



【請求が怖い(クレジットカード)】
クレジットカードの支払い方法って翌月払いなんですね、それが正直嫌。
何て言うか借金作ったみたいじゃないですか。

「今月お金入ったけどカード払いに充てやなアカンなー、遊ばれへんなー」ってなったら嫌ちゃいますか?俺は嫌。

借金でクビが回らんって人は、カードローンでクビが回らんと同義語やからね。
けど計算して使える人には凄く良い。

まとめと雑談

ひょんな事からカード決済の利便性、カードと言う物の携帯性等に惚れ込み、カード信者になった私です。

いや、お前まだ持ってねーじゃん!!
って声が聞こえて来そうですね。


現状プリペイドカードで問題ないしな〜、楽やからな〜、せやな、時が来れば申請するかな。
と悠長に構えてる私ですけど、楽天カードのポイント付与に目を向けるとそんな事も言ってられない事に気づく。


いやね、現在の社会情勢って何でもポイントじゃないですか。
今回のプリペイドカードを持つキッカケになったのも、ポイントで10000円あげるわ!ってのがキッカケなんですよ。

それはつまり現金はあげられへんけど、ポイントならどないかなるよって事。


分かりますか?カードを出してくれた人には、「よっしゃポイント付けといたるな」言うて1円なり10円なり、実質安くしてくれるねん。

カネモーチな方達は、ハンッ言うて鼻で馬鹿にするんやろうけど、買い物に行く度、毎回まけてくれるお店って何処の世界にあんの?いや、無いよね?

「兄ちゃん良く来てくれるから、これオマケね」って人もたまには居てるやろうけど、こっちは毎回やからね。
勝った!ってなれへんかい?
ってなったらクレジットカードのポイントサービスも馬鹿にできないよね。


だからクレジットカードを持とうよ!
この利便性を体験してクレジットカード信者になろうぜ。


申し込みはこちら↓