とりあえずやってみた

「雑記」「VAPE」「IBS」に関するお話。

人は中身が大事

昔にお客さんとして来て頂いてた方が居ます。

その方の見た目、声、格好どれをとってみてもヤクザなんですね。
それも関西にある有名な所の元組員、そんな方との記憶に残ってるやりとりを話したいと思う。
f:id:kusabii:20180211112258j:plain

第一印象

年齢60代か手前、身長が約180cm、体重80kg程の大きな方で顔は強面、服装は派手な柄物着て、靴は蛇革、声はとにかくデカく、商品の購入、その他サービスの購入には糸目なく、漫画で見るような羽振りの良い方でした。
ホンマもんのヤクザや!テレビで見るようなヤクザや!ってちょっとテンション高くなったのを覚えてます。

ヤ○ザってイメージ通りなんやな
これがその人に対するイメージです。

客としての立ち位置

年齢を重ねていた事もあり、顔は強面でも優しさと落ち着きがあります。

只、その裏側に見え隠れする闘争心。
これもまた魅力と言える部分で、何と言いましょうか、いぶし銀と言う言葉が近い方でした。 


こう言った方なので私みたいなガキんちょが、なぁなぁで話しても「可愛い可愛い」対応をして頂いた事を覚えています。
気に入られていた事も怒られなかった要因ではあるんでしょうけど、何故気に入られていたのかは分かりません。昔から強面の方から好かれます。


何かクダを巻く事も無く、輩を言う事もなくお客様としては大変優秀な方でした。
ヤクザだから気を張らなければ!と言う気持ちはなかったです。

最近の中高年はキレる方が多いと聞きますし、実際に私自身そのように感じております。
理不尽な言葉、対応に怒りと戸惑いを感じながら日々仕事しております。

皆が皆その方のようであれば気持ち良いのになと。。。

その人との会話

「おい、墨入れたかったら良い彫り師紹介したるからな!」
って言われてもね「痛いの嫌いなんで遠慮しときます」と返事したら
「痛いのぐらい我慢せーよ、男やろ!」って言われた

けどそれ以外はしつこく勧誘する訳でもなく「入れたくなったら言うて」だけ

引くとこと押すとこを弁えてると言うか、賢いな、こう言うのがモテるんやろなと。


違う日、親分と一緒に来た。
ここで困った問い掛けをしてきて「おいお前、俺と親分どっちが男前や」

はい、無理難題きたーwww
この間、頭の中で必死に考えてた。「答えミスったら怒らせてしまう、やられてしまう」

こんな事を考えながら何秒経ったか分からん中で答えたのが、「お二人とも自分には無い魅力を醸し出しておりますので決められません」

その人が「おう、上手い事返すやんか」
怒られへんだって事は正解やったんでしょうね

その様子を見て楽しんでたんでしょうけど、今後そういった質問は止めて欲しいと切に願った次第です。

自分の思い

そのような方と仲良くなれたのは幸か不幸かと言うと、私にとっては幸でした。
一般の方からすると、まず出会わないでしょうし普通に話す事もないでしょう。

しかし、格好良い男って何?と聞かれるとその人の事を挙げたい

後で書くんですが、その事を含めても(できれば抜きで考えたいが)格好良いとはこう言う事なんだろうなと。

その人に私が発した一言

その人には子分が居ました。

子分がその人の名字を出して来て(名字だけ)ツケにしろとスゴむのですが、私と子分は初対面、その人と一緒に居てる所も見た事がないし名字も沢山ある名字。
そうなったら「良いですよ」とは気軽に言えない訳で(お金が絡んでるから)

痺れを切らした私は恐い方の○○さんですか?って聞いたんです。
すると子分は「そうや」って言うから仕方なくツケにしました。

その後日、店に来るなり
「おい!誰が俺の事を恐いって言うたんや!!」
「私です……」

この間沈黙がある


その人が口を開く
「俺はお前に何か恐い事をしたんか?」

この言葉がまた、静かに低く、悲しそうな顔と声で言うんです。

この時に「あ、俺は何て失礼な事を言うたんや」って自覚した。

例え軽はずみでもこんな事は言うたらアカンなと、この時の自分の語彙力の無さを恨みたい。

後日談

その人が殺人を犯しました。

全国ニュースにも取り上げられて、それを見た私は「えっ?」てなりました。

内容が自分の銃でその子分を撃った。
確かにしてはいけない事をしましたが、それでも私には良い人でした。

最後に

私はその人の言った「俺はお前に何か恐い事をしたんか?」が忘れられず、人の事を見た目で判断する事を止めました。

見た目を作る事は勿論大事ですが、中身から滲み出る魅力が見た目に反映されると言う事もあるのです。
なので見た目にお金をかけるのも良いですが、中身に影響を与える物や事にお金を使う方が今後の人生において、有意義かと思います。